みんなが素敵なハロウィン絵を上げてる中私は何も描けなかった…圧倒的に気力が足りない…

イチョウの君
少し前に描いた門司くんというキャラクターなのですが、久々に「ぼくらの」を読み返したら門司くん回でどうしても涙が出てきちゃってつらいって話をあっちこっちでしている 若干布教しようとしている

アニメ版ぼくらのでOPだったアンインストールなら知っているという方も多いのではないでしょうか


なんかヤバそうなロボットのパイロットに選ばれてしまってこれからヤバい(要約)って話なんですが、選ばれてしまったからにはパイロットたちみんな逃れられない運命背負ってて本当に色々考えさせられる作品です
ロボットって言ってもどちらかと言うとエヴァ寄りなとこあるのでロボ系苦手な人でも大丈夫だと思います

興味ある人はぜひアニメでも漫画でもいいから見て…
門司くんだけですっごい語れそうで記事が無駄に長くなりそうなので感想は追記でやりますね

そろそろ創作描くか!って気持ちはあるのに中々実行できてなくてすまんな…
なんかただの紹介ブログみたいになってるけどここは創作サイトだ すまんな
普通~~に感想語るだけなので、これからアニメか原作見ようと思ってる方とかはネタバレ注意してくださいね
主に門司くんについてしか語らないよ


来年?でアニメ版ぼくらのが放送されてから10年経つ というRTをこの前見かけてそれがきっかけで久々に読み返しました
主人公だと思ってたらすぐ死んでびっくりしたランキング一位のワクくん…

ただのゲームだと思ってパイロットになったのにみんな背負ってるものも覚悟も大きすぎて、まだ中学生なのにどんだけ達観してんだ…って思わずにはいられないよね
ロボットの動力源がパイロットの命なので一度操縦して敵に勝ったら死んでしまうわけで、
敵に負けても自分たちの地球は消滅してしまうし、かといって勝てても操縦した自分は死んでしまうっていう救いのない展開の中で、パイロットに選ばれた15人の子供たちはその現実になにを思ってどう向き合っていくのかを見せられて感情移入せざるを得ないんだよな~~~
ダイチくんとかは達観しすぎてて逆に感情移入できないんだけどさ

一番人間らしい反応なのはやっぱりカコくんかなって思うけど、「人間らしい感情抱いてるな」って次に思ったのは個人的には門司くん
門司くんはいかにもイケメンで大人っぽくて本当にかっこいいキャラクターで、中学生なのに完璧なキャラだな…って思ってしまうんだけど、そんな彼がパイロットの順番になったときに見れる彼の回想と「完璧じゃなくなる瞬間」が本当に好きなんです

誰よりも大人っぽくて完璧だと思ってた人が考えていたことが、「ロボットで友人を殺す」ことってなんだよ…好きだよ…
友人への嫉妬、好きな人への独占欲と執着心、自己嫌悪、自責的なところを見せられて、とても人間らしさを見せつけられたと思った
だから罰が下った、必ず死ぬことになるのは僕だった…って考える門司くんのこの思考が本当につらいしでも愛しいわけなんだよ
どうしてもツバサちゃんを手に入れたいから、友人を殺してしまおうって思考がどす黒くて、そのずるい考えがとても人間らしくて共感できる

だからこそ、ツバサちゃんの「ナギ君、一生懸命生きよう。その人の分まで」「それにモジ君もきっと、助けてくれると思うから」ってモノローグ見て涙が出るし、でも門司くんはもう戻ってこないわけで、その門司くんがいなくなったあとの二人のことを考えるとまたいろいろつらくなる
一人ひとりのエピソードがつらいんだけど、原作では演出がずるいっていうか、見開きで描かれた門司くんのシーンでどうしても涙が堪えられない
完璧だと思ってた人の完璧じゃないところが見れて、個人的にとても最高だなと思うエピソードの一つ

以上、門司くんが最初から最後までイケメンすぎて好きでつらいって話
スポンサーサイト
カテゴリ
アーカイブ
link
▼本館